« 他人事じゃない | トップページ | 杉並区で扶桑社版歴史教科書採択今日決定 »

2005年8月12日 (金曜日)

日航機御巣鷹山墜落事故の日に

20年前のあの日、日航機がダッチロール状態に陥った頃、私と妻は関越道を私の実家に向かって走っていた。結婚した年の夏の里帰りだった。

ラジオをつけると羽田を飛び立った大阪行きの日航機が行方不明になったというニュースが流れてきた。暗くなった上空には自衛隊機とおぼしき飛行機の姿が見える。事故の全貌は皆さんご存知の通りである。

今、JALは数々のトラブルを引き起こして、かったるんでいる、と批判されている。

そして、こんなニュースもある。
英BA、12日夕までヒースロー空港発着の全便欠航
危なっかしいのは日本だけではないのだろうな。無理して飛ばさない分、英国の方が少しはましか?

ところで、最近なんどかNHKのニュースで「エールフランス航空」と言っているのを耳にした。
同社の日本語サイトのtitleもエールフランス航空となっているんだが、この場合エールが航空ってことじゃないのか?Finnair=フィンランド航空だぞ。

|

« 他人事じゃない | トップページ | 杉並区で扶桑社版歴史教科書採択今日決定 »

コメント

NHKは日本法人がある場合にはその法人登記名を使う指針があるようですね。

エールフランス自体が何で航空をつけているのかはよく分かりません。

投稿: JosephYoiko | 2005年8月12日 (金曜日) 17時38分

「日本JAL航空」みたいなもんですね(笑)。

エールフランスだけだと航空会社とわかりにくいけど、フランス航空とするとエールフランスというブランド名が表現されなくなる、という中での「苦渋の選択」(by某プロレスラー上がりの前議員)かもしれない。

どうせなら、エールおフランスでいいのに(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2005年8月12日 (金曜日) 18時05分

「機体整備員の業務拒否」なんてあるから、安全性に問題があるのかと思ったら、「ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の職員が、機内食業者の職員が解雇されたことに同情してストライキに入り」っての実情みたい。

まあ、でも何か問題があればこういう風になる、ということは、安全性に問題がありそうな時に強引には飛ばない可能性大ということかもしれないな。

安直にストというのは乗客にとって大迷惑だからやめて欲しいけれど。

投稿: フロレスタン | 2005年8月12日 (金曜日) 20時07分

 中埜社長が亡くなって20年の今日、阪神は読売にサヨナラ負けだ。(ありゃ、もう昨日)

 あの日の昼、私は筑波博の会場にいました。朝方に(筑波では)地震があったのを覚えています。
 博覧会会場ですれ違った人の中に、123便に乗った人がいたかもしれないと思うと、切なくなります。

 ふと思った。あの頃は、「こっちだって寝ていない」とか「あんたもうエエわ」なんていう記者はまだ世に出現していなかった?

投稿: Joe | 2005年8月13日 (土曜日) 00時46分

↑筑波博=科学万博 です。
いやあ、名前を忘れつつあった。

投稿: Joe | 2005年8月13日 (土曜日) 02時06分

>>Joeさん

その20年目、阪神は優勝争いしてますね。
20年も経過すると、社会も人の心も変化すると言うことでしょう。

博覧会は今年、愛知万博ですが、筑波博の会場は現在は、工業団地になっていますね。あれはもともとそういう予定だったわけですが。

投稿: フロレスタン | 2005年8月13日 (土曜日) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5435613

この記事へのトラックバック一覧です: 日航機御巣鷹山墜落事故の日に:

« 他人事じゃない | トップページ | 杉並区で扶桑社版歴史教科書採択今日決定 »