« お笑い版子供の見た女性「刺客」 | トップページ | この裁判官は殺陣師か? »

2005年8月23日 (火曜日)

しゃべればしゃべるほどボロが出るふくすぃまぬるぽ

高速運転しながらTBSラジオ聞いていたら、荒川強啓のデイキャッチに「選挙のキーパーソン登場」というふれこみで、ふくすぃまぬるぽが札幌から電話で出演。あとCさん党の穀田(こくた)国対委員長(駄洒落かよ!)も奈良から出演。

まあCさん党の方は、いつ誰が言ってもおんなじワンパターン発言なので、スルーしたいのだが、びっくりしたのは「小泉総理が郵政を争点にしたのでわが党も受けて立つ」と発言したこと。いやあ、受けて立つとは横綱相撲ですなあ(笑)。でも、党の政策を1分で話して下さい、というのをほぼ時間どおりにきちんと整理して話していたのには感心した(事前に準備はしたろうけどね)。

それに対して、ふくすぃまの方は、ルールを破って1分を数秒超過しても話していた。それとやけにパーソナリティ連中が馴れ馴れしい。「大沢悠里のゆうゆうワイド」の身の上相談コーナーなどにもレギュラー出演しているので、そういう腐れ縁か。

自民党は多様な意見を許さない党になった、と言っていたが、矛盾しているのだよねえ。だって、自らは「憲法9条を守る」ところとでないと組めないって言うのだから。この時点で既に多様な意見を認めてないのはあんたのところであることが明白(ずっと前から明白だけど)。

それと、ヨーロッパの社会民主主義やドイツの「緑の党」などを例に出して、自分たちも似たような役割を果たしたい、なんてほざいている。結局、何かをモデルにしないと、自分たちで独自の党のビジョンを描けないんだよな。

もっと笑ったのは、「土井たか子氏が比例の名簿最下位なのは引退勧告ですか」と質問されて、答えをはぐらかしていたこと。私たちは土井さんが大好き、その土井さんは自分から1位にしてくれとは言わない人、土井さんに何度も確認してこういう名簿順位にした、だの、まあ誰が党首かわからない答えなわけですよ。辻元の立候補にしても、いろいろな活動をしたり反省もした、などと言い訳しているが、まだ執行猶予中だぜ。

この番組のこの企画、明日は民主党の番だっていうから、誰が出るのかと思ったら、仙谷由人(@_@)。
聞くつもりはないけど、これじゃ今日と同じような発言が飛び出しそうだ。TBSはやはり反自民左翼路線で行きたいのか?

|

« お笑い版子供の見た女性「刺客」 | トップページ | この裁判官は殺陣師か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しゃべればしゃべるほどボロが出るふくすぃまぬるぽ:

« お笑い版子供の見た女性「刺客」 | トップページ | この裁判官は殺陣師か? »