« 公示前に飽きてきそうだ | トップページ | 温暖化しているのは地球ではなくて政治家や財界人の頭の中ではないのか »

2005年8月26日 (金曜日)

ガードレールにでも激突して死ねよ

またまたしょうもない低レベルの毎日新聞「発信箱」である。今日26日付の自動車の覇権」というタイトルの潮田道夫氏の記事

日産自動車のゴーン社長は、日産の社長になるまでは日本市場は閉鎖的でヘンな市場だと思っていたそうだ。だが、考えが変わった。「これだけ優秀な国産車がそろっているのだから、日本人が外車を買う理由はあまりない」
うんうん、さすがゴーンのおっさんである。こういう柔軟なものの見方が必要なんだよな。
 だが、中国では様子が違う。(中略)現在は韓国系と中国地場系が主役だ。日本車は善戦の域にとどまっている。

 三菱総研の井上隆一郎氏は中国市場を制するものが自動車の覇者になるのであり、韓国系、地場系リードの情勢を深刻に受け止めるべきだと警告している。

へっ?悪いけど、この記事見る限りでは、たかだか三菱総研の研究員一人が言っただけだろう。それとも自動車業界に詳しいアナリストの大半が同意見なのかね?だいたい、この手の議論は例の「13億人の市場」という妄想に基づくものではないのだろうか。
井上氏の観察では、韓国の現代自動車は日本車より2割安く、中国地場製は日本車の3分の1の値段だ。その割に見かけが悪くない。
張り子のトラですか(笑)。
日本勢には高品質こそすべてという品質信仰がある。だが、安くてそれなりの品質ならそれが一番という市場もある。
うーん。いつの間にか潮田氏の頭の中では信仰になってしまっているのか。そもそもシナ市場と日本市場の違いがあるだろう。日本市場では安くてそれなりの品質、というのは容易に受け入れられないだろう。外車がメインになれない、と言っているが、ハイエンドの高級外車が一定のシェアを占めているのも日本市場である。そのシェアは低いかもしれないが、日本の自動車会社はそういうところとも競争する必要があるのだ。
J・D・パワーの2005年米国自動車初期品質調査では、韓国現代自動車は11位。これを上回る日本ブランドは首位のレクサス、7位トヨタ、9位インフィニティだけなのである。
これ、どういうランキングなんだよ!企業名と車種名がゴッチャじゃないか。これだけでこの記事は信用できない。もともとの調査がこういう結果なら、それ自体が信用できない。もひとつ、初期品質調査?耐久性とかメンテ費用なんかの比較はしてないのね。あっ、そう。
現代は自前で高炉を建設し自動車用鋼板を生産するという。数千億円はかかる危険な冒険。日本企業にない馬力。ひょっとすると、ひょっとしかねない。
ああ、最後はお得意のテーハンミングッマンセーか。潮田氏は日本の製鉄会社の高炉技術をご存知なのだろうか、と問いたい。日本の自動車会社は自前で高炉建設なんかする必要ないんだよ。そもそも現代は成功するかどうかもわからないのに、「冒険」と褒め称える。似たようなことを日本企業がすると、きっと「暴挙」になるんだろう。

別に日本企業が勝負にでるのはシナ市場に限ったことではない。日本車がメインになって、仮にトラブル、事故やリコールなんぞ起きたら、また「不買運動」でも起きかねない。その不買運動には日本車に乗って駆けつけるんだろうな(笑)。こんな特殊な市場は「属国」にでも任せて、もっとまともな市場を日本企業(自動車に限らず)は開拓すればいいだろう。

|

« 公示前に飽きてきそうだ | トップページ | 温暖化しているのは地球ではなくて政治家や財界人の頭の中ではないのか »

コメント

>日本人が外車を買う理由はあまりない(ゴーン)

 では、少しはあるかもしれないその理由を考えてみましょうか。

1.シートが良くない。手触り、座り心地とも欧州車の良いもの(高いものではない)にかなわない。日本の商用バンなんかひどいね。ルノーのシートの巧さを日産はもっと見習ってほしい。

2.Aピラーの邪魔な車が多すぎ。こんなに寝かせなくていいだろうという車が多すぎる。

3.FFまたは4WDのまともなセダンがほとんど無い。日本車は雪を知らない人たちが作っているのだ、とつくづく思う。

 最も私の要求に近い車のひとつはスバルのB4か。でも、ドライビングポジションが低すぎる。それに、エグゾーストノートがボボボボうるさい。全体としてガキの味付けなのが残念。

 しかし、今の欧州車もねえ。特に今のベンツをありがたがっている人たちの気が知れない。

 まあ、日産には頑張ってほしいね。トップシェアメーカーとしての矜持が何もない豊田にはこれ以上儲けさせる必要無し。

 脱線してすみません。

投稿: Joe | 2005年8月27日 (土曜日) 07時01分

普段乗りはルノー・メガーヌなよいこちゃん(^0^)。

自動車批評は辛口なものほど信用出来ますので、英国のTopGearなど見ると面白いです。
http://plaza.rakuten.co.jp/nwaiwgp/diary/200502070000/

投稿: JosephYoiko | 2005年8月27日 (土曜日) 11時01分

世界の自動車市場はシナ、朝鮮半島とそれ以外に分かれる訳だな(笑)。

>>Joeさん
私が今の車の前に乗っていたのはCitroen BXでしたが、シートは最高でしたね。腰痛持ちの私が長時間運転してもOK。

日本の商用バンは確かに、人間も荷物と同じ扱いですねえ。

一部のマニアックな連中はともかく、普通のドライバにとっては、安全で疲れにくく快適に走れる車が理想なのだと思いますが、そうじゃないところを重視して車つくっているのが日本企業のような気がします。悪い車というのは日本車の場合ほとんどないでしょうが、これは、というのに出会えないのですよね。

ゴーンさんの車は、日産のボディ、エンジンにルノーの内装組み合わせだったりして(^_^;)。

>>Yoikoさん

このレビューを発信箱記者さんに見せたらどういう反応するか(笑)。

タバコ一箱とかサンドイッチとか、比較の対象がいかにも英国風という感じですが、これがキムチ一皿とか冷麺一杯なんてあったら、もっと笑っちゃいますわ。

投稿: フロレスタン | 2005年8月27日 (土曜日) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガードレールにでも激突して死ねよ:

« 公示前に飽きてきそうだ | トップページ | 温暖化しているのは地球ではなくて政治家や財界人の頭の中ではないのか »