« 大地震はいつ襲ってくるかわからない | トップページ | 迷惑・スパムメールの発信元を晒してみる »

2005年8月27日 (土曜日)

市町村合併に伴う故郷の町名変更

理事をしているNPO法人のサイトから、このブログはリンク貼ってもらっている。
その法人の事務所のある町名表記が変更になった。

高崎市は、来年1月23日に群馬郡群馬町、箕郷町、倉渕村、多野郡新町(しんまち)と合併する。倉渕と新町が飛び地という変則な形なのは、まあしかたない。それより、例によって地名(今回は町名)である。

町名変更はこれに伴う措置なのだが、所在地が高崎市新町(あらまち)なのである。
合併する多野郡新町が高崎市新町(しんまち)となるので、読み方は異なるが表記がダブるということで、あらまちの方が「あら町」という恥ずかしい表記になった。

オレなら、多野郡新町の方を高崎市多野新町(たのしんまち)とするがねえ。あるいはこちらは由緒ある中山道の宿場町なので、高崎市新町宿でもいい。いずれにしても、歴史が地名に残せる。もっと言ってしまえば多野郡も多胡郡(たごぐん)と緑野郡(みどのぐん)の合併郡名なので、緑野郡だった新町は高崎市緑野新町(みどのしんまち)の方が適切だろう。こちらの方が字面も美しいではないか。

こうしたこともきっと議論の途中では出たのかもれしないが、反対されたか、あるいは議論にもならなかったか。もともとある高崎市新町(あらまち)を変えてでも、高崎市新町(しんまち)にする強い必然性などない。むしろ文化の破壊である。ひらがな地名の浸食がこんなところに及んだかと愕然とする思いである。

かつて高崎市は2つの八幡村を合併した。碓氷郡八幡村と多野郡八幡村である。この2つの旧村に対応する小学校は「八幡小学校」と「南八幡小学校」である。決して「や幡小学校」と「南八幡小学校」ではない。

|

« 大地震はいつ襲ってくるかわからない | トップページ | 迷惑・スパムメールの発信元を晒してみる »

コメント

これは、「あらまち」の方を漢字で残す方向性にした方が、地域のこと考えている気がしますね。

あら町って、魚のあらみたいだし。

しんまちの方を新宿にしても良かったな(^^;。

投稿: JosephYoiko | 2005年8月27日 (土曜日) 19時15分

>>Yoikoさん

この新町(しんまちのほう)は不思議な自治体名でして、例えば中学校は新町立新町中学校だったりします。自衛隊の駐屯地がありますが、これも新町です。JRの駅名も新ではなく新町。

似たようなのに、南魚沼市になってしまった新潟県の旧六日町があります。

つまり、本来は「新」が自治体名なのですが、新町でひとかたまりになってしまっています。中山道の宿場町としても、「新町宿」という名称なんです。

荒川も、表示板で「あら川」となっているのがたくさんありますが、確かにおっしゃるように魚のあらを連想しますね(笑)。

投稿: フロレスタン | 2005年8月27日 (土曜日) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5660788

この記事へのトラックバック一覧です: 市町村合併に伴う故郷の町名変更:

» 神戸の合成地名および合併行政地名について [がめおっとブログ]
 神戸市内では中央区では消滅地名が特に多いので、以前に当ブログにおいて書かせていただきましたが、よく見てみますと神戸市の西区と垂水区(旧、播磨国明石郡域)には合成地名や合併行政地名がけっこう多い。  古くからある地名と思っていたのに、実はそうではなかったという例が多そうなので、それを紹介していきたいと思います。  ちなみに、合成地名とは地名の一字ずつを足してつくった地名で、厳密には地名�... [続きを読む]

受信: 2005年8月30日 (火曜日) 01時27分

« 大地震はいつ襲ってくるかわからない | トップページ | 迷惑・スパムメールの発信元を晒してみる »