« もいっちょCommunist partyのCさんも | トップページ | お笑い版子供の見た女性「刺客」 »

2005年8月22日 (月曜日)

爆走するM$クオリティ

CNETの今朝のメール配信にこんな「笑撃的」いや「衝撃的」な見出しが。
「Windows Vistaマシンに謎のトラフィック」--ベータテスターが報告

何かと思えば、ピアトゥピアのネットワークプロトコルがデフォルトで有効になっていたために、インターネットに接続したベータテスターのマシンは、すぐに他のベータテスターのマシンと繋がってしまうのだという。

ベータテスター達は上級ユーザーあるいはそれ以上の技術レベルだろうから、「心配していない」という。当然こういうことも受け入れる覚悟でテストに参加していたのかもしれない。

しかし「これは、Microsoftが包括的なセキュリティ構想の一環として採用した『設計時の安全確保、デフォルト設定での安全確保、そして導入時の安全確保』の原則に違反している。この原則では、ロックをかけて機能を無効にした状態で製品を提供することが求められている」という記述を見ると、M$はベータテスター達の許容範囲以上のテストを、意識的にか無意識にかは知らないが、やろうとしていたのではないか、とも考えられる。

でもって、「この機能をデフォルトで有効にすることはあらゆる面でリスクが高いとBakosは言う。同システムは、セキュリティの問題が十分に調査されていないプロトコルを使ってインターネットと接続する。また、このPtoPサービスは接続されているコンピュータのディレクトリとしても機能するため、攻撃者がターゲットを見つけ出す際に利用される可能性もある」のだそうだ。

そんなもの、デフォルトで有効にするか無効にするかという問題じゃないだろう。こんな危ういものがOSの一部なのか?設計思想と言ってしまえばそれまでかもしれないが、そこにはもっと俗っぽい販売思想が優先しているように思えてならない。このプロトコルをこっそり有効にするウィルスがすぐにでも出回るだろう。一体何を考えているのか。M$にはこういうのをモジュールとして提供する技術力はないのだろうか。

WindowsがWinnyを勝手に搭載した!事実とは異なるが、ほぼそんなようなものである。

|

« もいっちょCommunist partyのCさんも | トップページ | お笑い版子供の見た女性「刺客」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5580444

この記事へのトラックバック一覧です: 爆走するM$クオリティ:

« もいっちょCommunist partyのCさんも | トップページ | お笑い版子供の見た女性「刺客」 »