« 鰻を食う前に蘊蓄をタレる(^_^;) | トップページ | 遂に楽天も個人情報流出「キター」 »

2005年7月28日 (木曜日)

海外クラブとの親善試合

鹿とマンUは帰宅してCATVつけたら、終わっていた(^_^;)。本ヤンの2ゴールで鹿が2-1で勝ったそうだ。もう1試合、FC東京とバイエルン・ミュンヒェン。こちらは4-0でバイエルンの快勝。しかし、来月5日だか6日だかがリーグの開幕なのに、日本くんだりまで来ていていいのかね、バイエルン。

日本のJのクラブチームが欧州の強豪クラブと親善試合をやるのは、すっかり恒例になった。結果がばらばらなのは、しかたないだろう。真剣勝負じゃないからね。

ただ、Jの中位くらいのチームは、欧州の中堅クラブ当たりと試合やったらどうなんだろう、と思う。中堅クラブだと財政的にも日本に来るのは大変だろうし、知名度がないから客が集まらない、ということもあるだろう。だが、真剣に強化を考えるなら、玉砕覚悟か、相手が観光気分というのでは、あまり効果がないのではないかと思う。こういう時に、地理的なハンディはやはり大きいなあ。南米なんか地球の裏側で一番遠いし。

|

« 鰻を食う前に蘊蓄をタレる(^_^;) | トップページ | 遂に楽天も個人情報流出「キター」 »

コメント

 こんばんは。

 27日のジュビロvsレアル戦は、中々見応えありました。川口は、3失点もして大丈夫なのか?と心配ですが。

 ボーダフォンは、ベッカム人気に「陰り」を感じて、契約打ち切りをしたそうですね。ジュビロも知らぬ間に、若手の選手が育って1点取ってくれました。世代交代ですね。

 海外チームは、やっぱり攻守のスタイルが違うから経験を積む上では、いい機会だと思います。競技場に観戦には行けないから、以前みたいにJリーグが週末に放送されるようになればサッカーに熱が入るんですねけどね。

投稿: | 2005年7月29日 (金曜日) 00時15分

バイエルンの会長は、レアルを商業主義と批判しているそうな。確かにクラブの経営体質は対照的。ハーグリーブスという選手は、英国出身だけどこのチームの下部組織から育ったということです。レアルは逆にその英国からベッカム、オーウェンなどを「強奪」してますね。

その両チームと対戦するズビロ田舎。「商業主義」のチームには負けたけれど、今夜はどうなのか。どうせなら、ベテラン選手の起用などせずに、若手だけで戦うのも面白いと思いますが、山本監督はどう出ますか?

投稿: フロレスタン | 2005年7月30日 (土曜日) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5204544

この記事へのトラックバック一覧です: 海外クラブとの親善試合:

« 鰻を食う前に蘊蓄をタレる(^_^;) | トップページ | 遂に楽天も個人情報流出「キター」 »