« 日本人の皮をかぶった工作員達 | トップページ | アジアモードに逆戻りかよ »

2005年7月31日 (日曜日)

いまのままでよいのか夏の高校野球

夏の高校野球の地方大会が大詰めを迎えた。最後に残った山口も試合が終了したようだ。49代表決定。

主催者が気に入らないのと(笑)、その主催者が、実際には販促のための事業にすぎないのに「高校野球は教育の一環」などといつまでも建て前を崩さず、しかもマスコミはこの競技だけ特別扱いする、といういびつな構造も面白くないが、高校球児に罪はないので、代表校の甲子園での健闘を祈り、既に敗れ去った多くの選手達と彼らを支えた周囲の人達にご苦労さんとねぎらいの言葉をかけておくことにする。

それにしても思うのは、衆議院はおろか、参議院選挙も真っ青な不平等である。
鳥取県は参加25校で代表1。福井県は29校、高知県は31校、徳島県は35校でそれぞれ代表1。

一方、東京は東西2代表で東が144校、西が121校の参加。これ以外の大都市圏はもっと凄いことになっている。神奈川県195、千葉県181、埼玉県164、愛知県187、大阪府191、兵庫県166。茨城でも114と西東京並みだ。人口比だけで考えれば、100校程度に1代表というあたりが妥当なところだろう。

東京以外に2代表枠のある北海道は、北が120校、南が142校と人口では半分以下の東京都並の参加数である。ここが2代表なら、神奈川など6府県は2代表あってもいいことになる。

しかし、運営を考えるとこれ以上代表数は増やせないだろうし、1県1代表が既得権になってしまった現在、参加校数の少ない県の枠を削ることも難しいはずだ。勢い、他県出身者が代表チームのレギュラーの過半を占める、という状況もずいぶん前から出現して問題となった。この状況を放置している点に、主催者アカヒ新聞の怠慢があり、建前に終始している事に対して腹立たしさを観ずるのである。少なくとも、プロ野球改革を口にする資格はないな。

興ざめかもしれないが、もっと参加校や人口に比例した代表にして、例えば東日本選手権と西日本選手権に分割し、両者の優勝校どうしが日本一を争う、という方法もあるのではないかな。今は各地に立派な球場もあるし、甲子園球場に固執する必要もないだろう。持ち回り開催すれば、地域振興にもなるかも。東日本の準決勝以降は横浜、神宮、千葉マリンあたりで開催し、西日本の準決勝以降は大阪ドーム、神戸あたりでやる。本当は人工芝でない方がいいのだが。日本一決定戦だけ甲子園開催ね。別に私は虎キチではないけれど、そうすれば夏の恒例の「死のロード」もなくなって、セ・リーグのペナントレースもより公平になるだろう。

|

« 日本人の皮をかぶった工作員達 | トップページ | アジアモードに逆戻りかよ »

コメント

県予選が楽な県出身のよいこちゃんです(^^;。

僕が中学の頃までは、確か西九州代表って出し方で、長崎の県代表と争ってから甲子園だったから、逆に盛り上がっていた気がします。

各県持ち回りおよび、OBの力による宿泊先差別は無い状況を作って欲しいですね。野球馬鹿私学だと、食い物違いますしね(=_=)。

投稿: JosephYoiko | 2005年7月31日 (日曜日) 16時53分

私が高校の頃までは、群馬と栃木で北関東、茨城と千葉で東関東、埼玉と山梨で西関東って時代がありました。

五月雨式にこれが崩れて、栃木と埼玉が独立した後に残った群馬と山梨が、県境も接してないのに北関東って組み合わせだった時期が一瞬ありました。で、群馬代表が山梨代表に破れて、山梨代表が北関東代表に。

山梨のどこが北関東なのだ、という論調の記事が地元新聞に恨みがましく掲載されました。

こんな時代に戻れないのは間違いないけれど、なんとかしないと結局野球莫迦私学の跋扈と、まぐれで出場した公立に対する情緒的な賛美しかなくなってしまう。春みたいな21世紀枠ってのもどうかと思いますけどね。

投稿: フロレスタン | 2005年7月31日 (日曜日) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5242956

この記事へのトラックバック一覧です: いまのままでよいのか夏の高校野球:

« 日本人の皮をかぶった工作員達 | トップページ | アジアモードに逆戻りかよ »