« 暴走する弁護士 | トップページ | 海外クラブとの親善試合 »

2005年7月28日 (木曜日)

鰻を食う前に蘊蓄をタレる(^_^;)

今日は土用の丑の日。
土用というのは、立春、立夏、立秋、立冬の前の各18日間で、年に4回ある。
もともと陰陽道だかで、「元素」が木、火、金、水、土の5つあって、4つの季節に木、火、金、水を割り当て、季節の変わり目に残った土を割り振ったのだそうだ。この時期は土を掘り返してはいけないのだとか。

さて、土用の丑の日というと、日本では通常立夏の前の土用の丑の日で、この日に鰻を食べる習慣が出来た。高温多湿の日本の気候と鰻の風味、栄養素を考えれば、妥当なところだろう。

関東と関西で、背開き・腹開き、蒸し焼き・直焼きといった違いがある。開き方は、腹開きが切腹につながるので、江戸幕府のあった関東で嫌われたのだそうだが、切腹というのは名誉の死ではなかったのか?まあ、切腹も儀式化して最後の方は扇子腹にまで堕落し、しかもその短刀代わりの扇子に手を伸ばした瞬間に首が切り落とされたそうだから、名誉も糞もないな。武士も人の子、痛いの嫌ってことになったわけだ。

土用は18日あるので、巡り合わせによっては丑の日が2回訪れることもある(十二支だから)。去年がそうだったのだが、今年は今日1回。子の日であったのにあまりの暑さに、昨日すでに鰻がよく売れたそうだ。食いたい時に食うのが一番ということだろう。

蒲焼きもうまいけれども、白焼きを山葵醤油につけて食うのが元気ついて、好きである。

今日は一体日本全国で、何食鰻が消費されることやら。

|

« 暴走する弁護士 | トップページ | 海外クラブとの親善試合 »

コメント

 白焼きに山葵醤油、美味しいですよね。

 私は裏日本東北の産なので、17歳くらいまでウナギを口にしたことはありませんでした。だから子供の時分は、テレビで土用の丑の話題が流れていても、さっぱりピンときませんでした。「土用」といえば連想は「波」です。
 近年はともかく、一般家庭でウナギを食する文化圏は元来、そんなに広くなかったのではないでしょうか。(それとも私が完全なマイノリティー?)

 とまれ、平賀源内もこれほど盛り上がるとは思ってもいなかったことでしょう。

投稿: Joe | 2005年7月28日 (木曜日) 19時33分

平賀源内、鰻といえば、西田敏行が源内を演じた時代劇がありました。CATVの再放送見ましたが、どうも西田敏行=平賀源内というのに違和感が最後まで抜けませんでした(笑)。

私は北関東の内陸の生まれ、育ちですが、市内に老舗の鰻屋があって、小学生の時に一度だけ親に連れて行ってもらったことがあります。その時は、そんなに美味いとは思わなかったなあ(^_^;)。

穴子の天麩羅も好き(^_^)。

投稿: フロレスタン | 2005年7月28日 (木曜日) 21時26分

こんばんは。

僕は九州出身ですが、鰻と言えばセイロ蒸しをよく食べました。

セイロ蒸しご存知無い方のために↓
http://www.dedaito.com/meals/photo01.html

中の箱がスノコ状になってまして、その上にタレを満遍なくまぶして、上に蒲焼と錦糸玉子載せて、蒸し器で蒸し上げます。

投稿: JosephYoiko | 2005年7月29日 (金曜日) 01時13分

あ、セイロ蒸しも美味しそう。

 その後よく考察してみたら、スーパーマーケットがこれほど増殖していない時代に、土用の丑にウナギを食すか否かは、町に鰻屋があるか否かとの関係がどうも決定的らしい。
 私が食べていなかった理由は、東北の裏日本という文化圏の話ではないようでした。

投稿: Joe | 2005年7月29日 (金曜日) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5202624

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻を食う前に蘊蓄をタレる(^_^;):

« 暴走する弁護士 | トップページ | 海外クラブとの親善試合 »