« 人権屋の臭いのする毎日社説 | トップページ | 遺伝子組み換え作物の安全性 »

2005年6月26日 (日曜日)

左翼論調の外部学者のシンパには事欠かないな(もう一つ今朝の毎日新聞コラムから)

もう一つ、本日26日付の毎日新聞。社説と同じ面のコラム「発言席」(毎週日曜掲載)。国際基督教大学名誉教授の一瀬智司氏による「新追悼施設建設が望ましい」。言うまでもなく総理の靖国参拝に関連しての記事である(このコラムは即日、ネットには掲載されないようである)。一瀬先生は、過去の実績から判断して「がちがちの新追悼施設建設主義者」のようである。総理の靖国参拝をなんとか中止させたい、という立場の人には使い勝手のよい学者先生なのだろう。

>>小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関連して、(中略)最近は国連改革に関連して、日本の常任理事国入りに反対が表明されるなど無用の摩擦が起きている。

そもそも「無用の摩擦」を引き起こしているのは、極東三莫迦のうちの2ヶ国である。反日ならなんでもいいとばかりに、最近は捕鯨問題にまで難癖をつけている。そもそも常任理事国に関して言えば、靖国と関係なくシナは反対するだろう。なにしろ中華思想に自らを毒されアジアの盟主気取りだから。

>>言うまでもなく、中国と韓国は日本とともに、欧州連合(EU)におけるフランス、ドイツ、イギリスと同様、東アジアの重要な友人である。

これ、原文のままなのだが、日本語がおかしくないか。中国と韓国が日本と重要な友人、というのであれば、本当か?と言いたい。先日、NHKがBS放送の番組のために韓国に関するアンケートを実施したが、韓国を日本の友人だと思う、という回答はごく少数派であった。韓国の反日攻勢の結果であり、彼らの自業自得である。中には断交せよ、という意見も複数あった。私もあまりひどければ断交してもよいとすら思う。人の経済水域に勝手に入り込んで不法に操業して魚を捕り、度が目立てされると海保の職員を連れ去って開き直るなど、893も真っ青である。どこが友人か。彼らは何かというと日本による強制連行という虚構を持ち出して騒ぎ立てるが、北朝鮮による拉致も含めて、連れ去りは朝鮮民族の伝統ではないですか、と問いただしたくなる。

>>歴史認識について(中略)将来の東アジアの平和建設のために日、中、韓の共同研究がなされることを提唱したい。

無意識かどうかわからないが、一瀬先生、東アジアの現状が平和でないことを認識しておられるような文章である。その根源は人口13億という覇権国家である。13億の人口すらチベットやウィグルを抱え込んだ膨張主義の産物であり、その覇権体質が続く限り、そしてロシアがなんとかならない限り、東アジアに平和などない。韓国も含めて彼らが儒教の考えに凝り固まって、いつまでも日本の過去を糾弾し続けるようなら、共同研究など不毛な結果に終わることはやる前からわかりきったことである。歴史認識についての共同研究は、最低限、彼らの歴史教科書が国定の単一の物しかない、という状況が改善されなければ、やるべきではない。

>>ことの是非、善悪は別として、日本は極東国際軍事裁判(東京裁判)の判決を含むサンフランシスコ条約に調印し、1952年に国際社会に復帰した。

いや、東京裁判に関しては事の是非、善悪が重要なのだ。勝手に別にしてスルーしないでくれ。
それと、サンフランシスコ条約に東京裁判の判決が含まれているのか?これは詭弁だろう。このことについてはは既に別記事で書いているし、様々な資料があるから、ここでは深入りしないが、こんな書き方では、一次情報にあたらない多くの読者を騙す目的だろうと言われても反論できまい。

>>先の日韓首脳会談では、新追悼施設建設を検討することで合意した。(中略)その事例として、沖縄県の「平和の礎」があげられる。米国のクリントン前大統領も参列したことがある。アジア・太平洋と世界の平和のために、外国の元首も参拝できる追悼施設が設けられるなら、先の大戦で戦没、殉難した約300万余の同胞ももって瞑するものと思われる。

この先生、平和平和と連呼するのがお好きなようだ。
だが、沖縄やクリントンといった特殊な事例を引き合いに出すのもなんだかなあ。これはこれで沖縄戦の犠牲者の追悼にはいいだろうが。
事実を見れば、靖国神社には諸外国の元首がずっと参拝を続けている。しないのは極東三莫迦(北朝鮮は国交がないから最初から来てないが)だけである。こういう「嘘」で善良な国民を騙さないで欲しい > 毎日新聞とその意を受けた同じ穴の狢の一瀬先生。
先の大戦の戦没者の多くは、既に靖国神社で安らかに眠っているのだ。新追悼施設などで騒ぐ方がよほど彼らの魂をいたぶることになる。

|

« 人権屋の臭いのする毎日社説 | トップページ | 遺伝子組み換え作物の安全性 »

コメント

突込み所満載な名誉教授ですね(^^;。

『言うまでもなく、中国と韓国は日本とともに、欧州連合(EU)におけるフランス、ドイツ、イギリスと同様、東アジアの重要な友人である。』

確かに変な日本語ですね。「AはBと同様である」と述べる場合は、AとBは概念的に同じでなければならないのに。

そう考えると、
「中国、韓国、日本の関係は、重要な友人であるという意味で、欧州連合におけるフランス、ドイツ、イギリスの友好関係と同様でなければならないはずだ。」
と書きたかったんですかね?

これだとしても突込み所満載でして、以前、フランスで古城巡りする時の地元観光ガイドの話紹介しましたけど、民間レベルでは普通にドイツ人嫌ってますし、同様に英国人嫌ってますけどね。

日本人が、「チョン」とか「チャンコロ」と言ってしまうレベルの仲の悪さ、相手を侮蔑した態度は普通にあります。

ジャガイモやボソボソするパンで腹膨らませる奴等をフランス人は強烈に馬鹿にします(^^;。

投稿: JosephYoiko | 2005年6月26日 (日曜日) 21時24分

国と国の関係とか、民族の関係などを、日本人の識者と言われる人達は、自らの脳内世界で語る傾向があるのかもしれません。

そもそも極東三莫迦は、彼らが反日である時点で友人として認識する必要ないと思いますね。

英国に行ったある時、イングランド北部の都市だったので、自治体職員にスコットランド人がいました。彼が自動車の準備に車庫に行き、姿を消した時、残ったイングランド人の連中が、私たち日本人に向かって、彼はスコットランド人なんだよ、髪の毛の色も違うし訛ってるだろ、と侮蔑的に言ったのが印象に残ってます。

スペインだって、バスク問題は有名だけど、カスティーリャとカタルーニャの対立なんて、サッカーにまで影落としているし。

EUの憲法が国民投票で否決されるのもむべなるかな、です。

投稿: フロレスタン | 2005年6月26日 (日曜日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/4714345

この記事へのトラックバック一覧です: 左翼論調の外部学者のシンパには事欠かないな(もう一つ今朝の毎日新聞コラムから):

» 大きな歴史の小さな欠片 [旅限無(りょげむ)]
■「靖国神社参拝」問題に関して、文句を言っているのが東京裁判で死刑判決を下した判事席には座っていなかった中華人民共和国と大韓民国だという単純な事実を、よくよく再確認しておかねばなりません。戦争犯罪人を規定して、ランク分けもして死刑を執行した極東軍事裁判所というのは、オーストラリア人の裁判長以下、米国・英国・仏国・オランダ・カナダ・ニュージーランドの主流派と、裁判自体に疑義を持って参加したソ連・中国(台湾)・インド・フィリピ... [続きを読む]

受信: 2005年6月26日 (日曜日) 15時21分

« 人権屋の臭いのする毎日社説 | トップページ | 遺伝子組み換え作物の安全性 »