« ワールドユースサッカー | トップページ | キャンドルナイトへの疑問(今日は夏至) »

2005年6月20日 (月曜日)

ヘラス(ギリシャ)戦勝利だが

ヨーロッパチャンピオンに勝利した。アジアのW杯出場枠が多すぎるという声が常につきまとう中で、この勝利は大きい。選手にはそこそこ自信になっただろうと思う。特に世界の大会でゴールした大黒だ。そのゴールも福西の頑張りから生まれている。やはりボランチが高い位置でボールを奪うと、ゴールに結びつくね。福西もJでよく見せるようなラフプレーが少なくなって、充実しているように見える。セリエAからもオファーがあるようだ。それと、川口が昨年のアジアカップからずっと充実している。ニアがあいてしまう弱点はまだ残っているようだけど。

しかし、正直なところヘラス(ギリシャ)はあまりできがよかったとは言えない。ブラズィウ(ブラジル)戦の疲れが心身ともにあったのではないか。それと、昨年のユーロ2004がピークだったという話もある。土曜日のスーバーサッカーで、デルピエロが言っていたが、欧州の選手は6月は気が入らないのに対して、中南米の選手はそれがなくて一年中モチベーチョンが高いのだと。なるほど納得してしまう話ではある。そんな中、ヘラスの高さに苦戦したとはいえ、試合展開からして1-0というのは満足できる結果とは言えない。前半、決定的なチャンスが何度もありながらことごとく逃し、ジーコはそのたびに怒りの表情を見せていた。Por que ?と何度も思ったことだろう。

それでも、メヒコ(メキシコ)戦と比較すると、シュートを打とうという意識が強かったのは、大きな改善点だ。こういう試合を積み重ねていく中で、決定力を上げてもらいたいものだ。それと、やはり高い相手がゴール前を固めた時のクロスの精度や、ちょっとした相手の隙をついてシュートに持って行くという貪欲さはもっともっとあってよい。

この後、もう一試合のブラズィウ・メヒコ戦があるが、恐らく最終のメヒコ・ヘラス戦は、メヒコが勝利するだろうから、日本はブラズィウに勝たないと決勝トーナメント進出は難しいだろう。ブラズィウ相手に前がかりで戦うのも危険だが、かといって守ってカウンターというのが通用する相手でもない。日本の特徴であるワンタッチ、ツータッチでのパス回しとスピードで中盤勝負、そして数少ないだろうセットプレーのチャンスをどういかすかがポイントだと思う。玉砕覚悟でなく、冷静に戦う姿を見たい。ジーコがどんな戦いぶりを指示するのか、楽しみだ。

|

« ワールドユースサッカー | トップページ | キャンドルナイトへの疑問(今日は夏至) »

コメント

 TBありがとうございます。

 後は、Bグループの残り1枠の争いのようですね。ブラジル戦は、木曜の早朝。ドイツと9時間だったか時差があるため、どうしても深夜放送はやむなしのようです。

 【勝つのみ】で頑張って欲しい!!

投稿: | 2005年6月21日 (火曜日) 00時43分

日本とドイツの時差は、今の時期は7時間です。
しかし、要するに来年のW杯の中継も同じような時間になる、ということですね、これは(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2005年6月21日 (火曜日) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/4629172

この記事へのトラックバック一覧です: ヘラス(ギリシャ)戦勝利だが:

» コンフェデ杯・対ギリシャ [SUPER-X.COM]
こんばんわ、super_xです。 え〜、メヒコ戦で負け、 空中分解しそうな、ジーコJapan。 中田ヒデの言うように、世界で勝ち抜く力はない。 じゃぁ、このまま、ずるずると負けていいのか? みなさ〜ん、どうですか? 本番は、来年だから、これでいいとの声があるが… 今、結果を出せなければ来年も一緒だと感じるのは、独りよがりだろうか? 技術的なものは、負けていないと思う。 なんとしても、�... [続きを読む]

受信: 2005年6月20日 (月曜日) 13時31分

» 欧州王者に勝った(サッカー日本代表) [時事を考える]
日本が大黒の決勝ゴールでギリシャに勝ちました、欧州王者に勝つとは日本もやりますネ [続きを読む]

受信: 2005年6月20日 (月曜日) 19時38分

« ワールドユースサッカー | トップページ | キャンドルナイトへの疑問(今日は夏至) »