« キャンドルナイトへの疑問(今日は夏至) | トップページ | くだらねえサイトみっけ(多分その1) »

2005年6月23日 (木曜日)

引き分けは

コンフェデ杯のグループリーグ最終戦。
未明の3時45分にキックオフと言うから、一度寝て起きる。少々寝坊したら、前半の18分くらいになっていて、先制されている。ああ、やはりだめか、と思ったら、いい戦いしてるじゃないの。あっ、で、俊輔のミドルシュートが(^_^)。
中盤コンパクトにして、ワンタッチ、ツータッチでスピーディーにパスが回っている。これが目指すサッカーか。相手が世界チャンピオンじゃないと、こういう風に主体的に動かなかった訳ね、これまでの日本代表は。

しかし、ホナウジーニョに決められた2点目は、ミドルじゃないもののメキシコ戦のジーニャのゴールシーンを思わせる。ちょいとマークがずれたところ入り込まれてそのままズドン。あれでチーム全体がショックを受けたという。

後半の戦いは、日本のマスコミは絶賛しているが、30分くらいまではブラズィウのぐだぐだサッカーに、なかなか前に進めない。ドイツのある新聞は、ボールの支配率やゲームコントロールは完全にブラズィウのものだった、と論じたようだ。さすがに後半30分過ぎて、ブラズィウも足が止まってきて、それでチャンスが作れるようになった。同点ゴール、大黒はいいところに詰めていた。その前から、相手DFのルシオが大黒の動きをかなり嫌っていたようだったので、彼の動きはやはり世界に通用することが証明されたといってよいだろう。大黒はルシオのことを「でかいけど足は遅い」と堂々とコメントしたらしい。うんうん、ブラズィウサッカーも人間の技なのだから、欠点はどこかにあるはずだ。

で、試合終了後のジーコのコメントで、加地のゴールが取り消されたと行っていて、impedimentoがどうたらこうたらと聞こえたので、オフサイドじゃないのにオフサイドの判定でゴールが取り消されたのだろうか。確認しなくては。
ただ、だから3-2で勝っていた、というのは早計だ。先制していればその後の展開は違ったはず。歴史にifは禁物よ。

で、世界王者相手に堂々の引き分け、しかも終了間際にはあわや、というところまで追いつめた、というのは単独の試合なら評価できるだろうが、勝たなければ決勝トーナメントにいけない試合、ということを考えたら、不満である。あと1点とっていれば、ドイツやアルゼンチンといった強豪と真剣勝負が2試合できたのだから、残念である。

この後、東アジア選手権なんてのが来月あるようだが、せっかく世界で戦うモードに切り替わったのに、またアジアモードに逆戻りしちゃうじゃないか。

|

« キャンドルナイトへの疑問(今日は夏至) | トップページ | くだらねえサイトみっけ(多分その1) »

コメント

 睡眠不足ながらブラジル戦は全部見ました。開始早々に加地がゴール決めたときは驚きましたけど、オフサイドだったのはとても残念。

 ブラジルに攻め負けた気がしましたが、パサーの技術とスピードがあれば、得点するのは可能だったと思います。

 中村のシュート精度と川口の好セーブは特に評価できますが、それ以外にも日本選手の見違える動きに釘付けでしたね。

 こんな良い試合してくれるなら、寝不足なんてへっちゃらですよ^^) 

投稿: | 2005年6月24日 (金曜日) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/4679411

この記事へのトラックバック一覧です: 引き分けは:

» コンフェデレーションズカップ【日本×ブラジル】 [Route 53]
 コンフェデレーションズカップの1次リーグも終盤。Aグループは、ドイツ・アルゼンチンが通過し、Bグループはメキシコがすでに2勝しているため、「日本×ブラジル」の1勝1敗同士の対決で、Bグループ通過チームが決まる。ジーコにとっては、母国との対決で複雑な心境である。 『前半の見どころ』 ○加地先制!!と思いきや、オフサイド!! ○前半10分ロジャウジーニョ→ロビーニョでブラジル先制!! ○前半23分柳沢�... [続きを読む]

受信: 2005年6月24日 (金曜日) 00時35分

» コンフェデ杯 日本善戦 ブラジル相手に2対2のドロー [諸葛川]
日本代表はギリシャ戦に続いて、よくやってくれました。 世界最強のブラジル相手に2対2の引き分け。 決勝トーナメントに進めなかったものの、がんばったと思います。 加治選手の幻のゴールはオフサイドでしたが(私にはオフサイドに 見えません)、おしかったです。 でも、日本とブラジルの力の差は歴然としていましたが、中村と 大黒のゴールの凄まじさは、外国の人もびっくりするでしょう。 JPN-BRA (Match 12) Budweiser Man of the Match: Shu... [続きを読む]

受信: 2005年6月25日 (土曜日) 14時59分

« キャンドルナイトへの疑問(今日は夏至) | トップページ | くだらねえサイトみっけ(多分その1) »