« もう1点欲しかったが勝点3はベストの結果 | トップページ | こちらも激戦 »

2005年6月 4日 (土曜日)

イーラーン・北朝鮮戦を見て

北朝鮮は最初からベタな引き籠もりサッカーを展開していた。フィールドプレーヤーの内9人が自陣にいるのだ!アウェーだし相手の方が実力的に上なので当然の選択だったとも言える。とりあえず勝点1を確保すれば、2位も不可能ではなかった訳だし。

だが、前半ロスタイム、それも終了間際にセットプレーからゴールを許すという最悪の展開。レザーイーのシュートは、もう少し高ければクロスバーに阻まれていただろう。あの時間帯での選手交代は時間稼ぎだったのか、戦術的な理由なのか、それとも選手のフィジカルなのか不明だ。いずれにしても、セットプレーでのマークが甘くなってしまったのだから、あまり褒められた戦いぶりではない。

後半はもっと前かがりで攻めるかと思ったが、あれが限界だったか。孤立したFWに相手DF4枚では点は入らない。そして、ユン・ジョンス監督は後半も押し迫った頃、退席を命じられる始末。何をぶち切れてしまったのだろうか。

イーラーンも、あれだけベタに引かれると点が入りませんな。ダーイーは惜しいシュートがあったが、キャリーミーは何度も滑っていたし、ハーシェミヤーンに日本戦のような元気がなかった。

さて、北朝鮮は次の日本戦、どう来るか。またベタに引いてくるのかな。そうならば、ここは勝点1ねらいだ。
しかし、日本戦だけは負けられない、というどうでもいいような意地と、3位狙いの前がかり(バフラインがイーラーンに負けるか引き分けて、北朝鮮が残り連勝すると3位に浮上する)でくれば、得点のチャンスは広がるだろう。その場合は3−0くらいで叩きのめそう。出場停止のメンバーに変わって出場するサブ組が、試合に出られる喜びを爆発させてくれ。

|

« もう1点欲しかったが勝点3はベストの結果 | トップページ | こちらも激戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/4407743

この記事へのトラックバック一覧です: イーラーン・北朝鮮戦を見て:

« もう1点欲しかったが勝点3はベストの結果 | トップページ | こちらも激戦 »