« 脱線事故(続きその12) | トップページ | 三方一両損の嘘 »

2005年5月 4日 (水曜日)

師匠の仕事っぷり

FC東京、ご愁傷様。なんで勝てないのだろう。東京のチームということもあり、私はこのクラブには比較的好印象なのだが。

さて、アントラーズは連敗を免れた。初先発で途中怪我で交替退場の興梠君、お疲れ様。ルーキーとしてはまずまず(あれは結果的に2アシストになるのかな?)の活躍というべきか。しかし、もう少しシュートの精度が高ければ、J初ゴール、そして1試合2得点だったのだが、いい場所に詰めていたモトヤンに得点をプレゼントしてしまったね。でも、それまで鹿らしいつなぎができていなかったから、よしとしよう。石川竜のクロスも珍しくドンピシャ。

見所はやはり、後半にPKをはずした師匠だろう。本人も苦笑していたようだが、あそこは何故小笠原が蹴らなかったんだろうか。師匠が譲らなかったのか、それとも彼に1点プレゼントしようとしたのか。

あれが決まっていれば3−0。おそらくその後鹿は怒濤の攻めを見せたと思う。5−0くらいまで行ったかも。
だが、あのPK失敗で、後半の残り40分くらいは、いつものグダグタサッカーを見せられることになった。FC東京も嵌ってしまって、右サイドの強引な突破ばかり(石川直が左に入ってからは左サイドばかり)で、中盤がほとんど機能していなかったようだ。おちょくられていた訳だ。DFのジャーンがカッカ来ていたな。

ところで、柏、どうしちゃったのかな。このままだと今年もまた降格争いだぜ。

|

« 脱線事故(続きその12) | トップページ | 三方一両損の嘘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/3979817

この記事へのトラックバック一覧です: 師匠の仕事っぷり:

« 脱線事故(続きその12) | トップページ | 三方一両損の嘘 »