« 脱線事故(続きその11) | トップページ | 本日の毎日新聞「余録」を斬る »

2005年5月 3日 (火曜日)

鹿島一敗(ちとコメントが遅いけど)

1日の日曜日の鹿・桜(アントラーズ・セレッソ)戦をテレビ観戦した。
この試合までに両チームの対戦成績は全くの五分。鹿は桜が一番の苦手である。桜が二部落ちした時にも負けているくらいだし、髭はセレーゾがセレッソに負けたなどと駄洒落を発していた(セレーゾは葡語、セレッソは西語)。

だから、負けパターンはだいたいわかる。そうならなきゃいいが、と思っていたとおりの展開で負けてしまった。2位の名古屋も負けたし、3位以下に「降格争い」させるのもリーグが盛り上がらないから、いいんだけど、と強がりを言ってられるのも今の内かもなあ。スタートダッシュに成功すると鹿は中だるみする傾向がある。

さて、負けパターンだが、桜の速攻に前半の早い時間で先制を許す、というものだ。特にサイドをえぐられて。ひどい時は開始1分くらいで先制されたこともある。桜のJでも指折りの攻撃力に鹿のDFが混乱するのだ。今回の試合は、開始直後から猛攻をかけていたので、あそこで先制しないとまずかったのだ。ラストパスでなくシュートを打てよ。

前半18分、古橋にゴールを許す。前半惜しいチャンスが何度かあったが同点にできず。この時点で負けを覚悟した。ゼカルロスって柔らかくて突破力・キープ力もあり、いい選手だ。彼がいるのでサイド突破やサイドチェンジも効果的。

先制されると桜はカウンターをちらつかせながら守りに入る。守備が崩壊していた昨年は、4-3で逆転なんて勝ち試合もあったが、今期の桜は守備が堅そうだ。後半、師匠こと鈴木隆行を投入するが、中盤ができていないのでセカンドボールが拾えず、師匠は孤立気味。ドリブルによる強引な突破が目立つが、人数をかけた桜のDF陣は3人で囲む。途中出場のルーキー興梠もシュートをふかしてしまう。前節の2年目・増田も3本ふかしていたな。鹿の新人は宇宙開発が得意か。ジーコの「シュートはゴールへのパス」という教えは過去のものか?

出ずっぱりの選手は連戦で疲れているようだが、それはどこも同じこと。いい訳にはならないね。どことはいわないが、過密スケジュールを敗戦の理由にする監督もいるようだが。

前々節くらいまでは、攻撃の緩急が効いていたが、前節くらいから急はちと強引、緩はほんとうに気持ちが緩んでしまっているようなのが気がかりである。

|

« 脱線事故(続きその11) | トップページ | 本日の毎日新聞「余録」を斬る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/3964690

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島一敗(ちとコメントが遅いけど):

« 脱線事故(続きその11) | トップページ | 本日の毎日新聞「余録」を斬る »