« 蕎麦は江戸のファストフード | トップページ | 橋梁談合事件に関して »

2005年5月23日 (月曜日)

キリンカップ対ペルー戦

10ヶ国で争うサッカーW杯南米予選は、4位までが自動的に本戦出場で、5位チームがオセアニア代表とのプレーオフに回る。ペルーは現在7位である。
そのペルーに負けた。後半ロスタイムでの失点。ロスタイムは5分と長く、日本代表は点を取りに行って守りが手薄になったところをカウンター食らって失点した。ゴールを決めたバサージョもアシストしたチロケも途中出場の選手だった。このまま引き分けかと思ったが、とんだ結末だった。

それにしても、本当に点が入らねえなあ。だから長いロスタイムに点を取りに行ったのかもしれないが、何というか攻めのパターンが単調だ。目立ったのは右サイトで先発した三浦淳と後半途中出場の稲本くらい。大黒は惜しいシュートがあったけれど、入った早々コンタクトレンズがはずれてしまい、シュートもはずしてしまったのだそうだ。

稲本のコメントを読むと、逃げのパスが多いのと縦へのボールが少ない、ということだ。確かに昨日の試合を見ていると、バックパスや横パスが多かった。ペルーの選手のプレスがけっこうきつくて寄せも早いので、どうしても逃げのパスになってしまう。小笠原が何本かゴール前で縦にスルーパスを出していたが、これも相手の守備が固いせいか、パスの伸びが今ひとつで、味方に届く前にカットされてしまう。もっと中盤からくさびのパスを入れていかないとだめなんだろうな。

本番のアジア予選でなくてよかった、という報道がなされる。当たり前だよな。選手もそのあたりはわかっているはずで、本番でこんなリスクを冒す戦いはしないはず。ともかく、もう一試合のUAE戦で、どういう修正をしてくるかが当面の焦点だ。UAEは仮想バフライン(バーレーン)なので、この試合でももたつくようだと、6月3日のアウェー戦は厳しい戦いが必至だ。

ジーコが監督になってから、南米のチームに勝っていない(引き分けはある)。対アルゼンチン3連敗というのがあって、これは現在の実力ではしかたないが、実力的にはエクアドール、パラグアイ、ウルグアイといった南米中位のチームとは互角の戦いができるレベルにあるはずだ。地球の裏側ということで地理的なハンディが大きいが、もう少し南米のチームとの対戦を多くした方が、日本代表のレベル向上に役立つのではないだろうか。

|

« 蕎麦は江戸のファストフード | トップページ | 橋梁談合事件に関して »

コメント

TBありがとうごじました。ジーコ監督になってから、南米チームには勝ってないんですね。知らなかった。
その時々の選手の調子やケガの具合で変わる事はわかるのですが、海外組も含めて、日本のベストメンバーと布陣は現時点いいからこれだというものはないんですかね。あまりサッカーに詳しくないものですから、そんな事を常に考えています。

投稿: kitazawa | 2005年5月24日 (火曜日) 06時22分

kitazawaさん、こんにちは。

対南米チーム未勝利は、テレビ中継で言ってました。
トゥルシエの時も、コパ・アメリカでさんざんな成績でしたけどね(^_^;)。

日本代表のベストメンバーは、多分川淵会長はじめ協会関係者や多くのサポーターの中にはあるはずなのですが、不幸なのはそれがジーコの考えと違っていることだと思いますよ(苦笑)。

投稿: フロレスタン | 2005年5月24日 (火曜日) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/4251219

この記事へのトラックバック一覧です: キリンカップ対ペルー戦:

« 蕎麦は江戸のファストフード | トップページ | 橋梁談合事件に関して »