« ブログの危機かも | トップページ | やはりとらえどころのない小泉首相 »

2005年4月24日 (日曜日)

なんという背番号だ

今度は久々にサッカーネタである。
CATVのスポーツチャンネルを見ていたら、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヒェンとボッフムの対戦を放映していた。バイエルンは2002年のW杯の時のドイツ代表も何人かいて、ドイツではメジャーなチームである(と、今更私がここで言うほどのこともないが)。

びっくりしたのは、背番号69というのが見えたことだ。これもバイエルン・ウォッチャーなら、そんなこと知ってるよ、となるかもしれないが、何しろ30番台でも重い背番号と言われるのがサッカーだ。Jリーグではアビスパ福岡に背番号42の選手がいた。かつて横浜マリノスで背番号11をつけていたビスコンティだ。

で、この選手、フランス代表のビシェンテ・リザラズだ。彼はバスク人だね。
去年の7月にバイエルンからフランス・マルセイユに移籍し、今年の一月にまたバイエルンに復帰している。こんなあわただしい移籍だから、背番号が大きいのもわかるが、何故に69? まさか「69」が好きな訳でもあるまいに(^_^;)。1969年生まれだからか?(これがもっともらしい理由だな)
誰か正しい理由か背景を知っている人がいたら教えて下さいな。

|

« ブログの危機かも | トップページ | やはりとらえどころのない小泉首相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/3829057

この記事へのトラックバック一覧です: なんという背番号だ:

« ブログの危機かも | トップページ | やはりとらえどころのない小泉首相 »