« やはりとらえどころのない小泉首相 | トップページ | 祝!古田2000本安打 »

2005年4月24日 (日曜日)

情報通信ネットワーク上での「防衛運転」

交通安全白書などによると、我が国の運転免許保有者数は平成15年で約7700万人。同年の交通事故件数は約94.8万件、うち死傷者数は約118.9万人、死亡者数は約7700人である。死亡者は事故発生後24時間以内の死亡者数なので、実際には事故が原因で亡くなった人はもっと多いのだろうが、それは本質とはあまり関係ないのでさておく。

単純計算すれば、1年間で免許保有者の64人に1人が事故に遭遇し、10000人に1人が死亡していることになる。運転免許は○×式の交通法規試験と実施試験(公認の教習所を終了すれば免除になる)で交付されるので、「おいおい、あんたどう考えても運転には不向きだろう」というような人格面で問題がある人物でも、堂々と運転できる(と、こんなことも「人権擁護法」が成立してしまったら、うっかり書けないのだろうな)。

一方、情報通信白書によると、平成15年末の我が国のインターネット利用人口は約7730万人とのことだ。奇しくも運転免許保有者数とほぼ同一である。そして、問題のある人物が多数ネットを利用していることは、ウィルスメール、スパムメール、不正アクセスやオークション詐欺をはじめとする各種犯罪利用、そして情報漏洩などから明らかである。きちんとした統計はないだろうが、こういう悪意を持った利用者は60人に1人くらいは軽くいそうである。そして10000人に1人くらいは重大な罪を犯しても不思議ではないだろう。例えば、先日の秋田県湯沢市役所のSugar stimulationさん(^_^;)。

個人情報など、とっくの昔に流出しまくっているから、今月から施行された個人情報保護法など、一部の業者が得をする一方多くは負担増に苦しむ、といった図式がせいぜいで、どれだけ効果があるのか疑問だが、それでもこういうお莫迦さんに対して、わずかでも抑制効果があるであれば、是としなければならないだろう。他方、交通事故がらみでいえば、また携帯電話で通話しながら運転している奴を多く見かけるようになった。昨年11月は取り締まりも多くて皆警戒していたようだが、時間がたつと緩むものだ。

昨日はトレンドマイクロのウィルスバスターが暴れたようだ。私は同社のユーザーではないので被害はなかったが、トップシェアなんですと?けっこうな企業も多数利用していることが判明してしまった。ウィルス対策ソフトがウィルスソフトになってしまった訳だ。そういう意味で、「正しい」見出しをつけた新聞報道もあったようだ。

同社は信頼回復に手間取るのだろう。まさか、自分で新種のウィルスをばらまいて、自社製品の優位性をアピールしたりはしないだろうな。

情報通信インフラを道路に例えることがある。トラフィックという用語があるから、よく例える、と言ってもいいだろう。冒頭に掲げた数字から、実際の道路上での事故と通信ネットワーク上でのトラブルの発生は、ここ1、2年の我が国社会の状況としては、アナロジーで捉えていい一面があると思う。ちと強引だけど(笑)。

インフラが整備され、利用者数も飽和状態に近いくらい多くなっている中、問題のある利用者も混じっている訳で、能天気に利用していれば、当然事故やトラブルに巻き込まれる。自動車運転の場合、防衛運転ということが言われるが、ネット利用でも同じようなスタンスが必要である。だが、あまりにもこのことに無頓着な人が多くはないだろうか。

道路と情報通信ネットワークをアナロジーで論じてはいるが、決して相似形ではない。あるいはトポロジーが同じではない。実際の経路でみれば、自動車は自分でどこを走っているかわかる。最近はカーナビがあるからなおさらである。しかし、ネットの方は目的地はわかっても、経路までは普通に使っている分には不明である。そしてその経路の途中には山賊、海賊が潜んでいる。いや、ワンクリック詐欺のように目的地すら偽装されていることだってある。おまけに実際の道路と違って、国境がない分だけ始末ははるかに悪い。

少し前までスパムメールの大半は英語であった。故に、多くの日本人のネット利用者はこれらを機械的に捨てることができた。ところが最近はタイトルを巧妙に(それほど賢いとも思えないが)偽装した日本語のスパムメールが激増している。いわゆる出会い系が多いと見える。こいつらはいわば無免許、ないし整備不良車で公道、しかも住宅地の中の生活道路を我が物顔で走っているようなものである。あまりに数が多いのと、通報しても埒があかないのが痛いところだ。

トレンドマイクロの今回の事件などは、穴の開いた道路の補修を頼んだところ、実はもっと大きな別の穴を開けられてしまったようなものだろう。あるいは清掃業者に室内を散らかされたようなものかもしれない。同社の利用者はご愁傷様。週末休みだった会社は明日の月曜日が大変かもしれませんな。

|

« やはりとらえどころのない小泉首相 | トップページ | 祝!古田2000本安打 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/3835170

この記事へのトラックバック一覧です: 情報通信ネットワーク上での「防衛運転」:

« やはりとらえどころのない小泉首相 | トップページ | 祝!古田2000本安打 »