« 暴力的な報復はいかん | トップページ | 最悪だな、小泉さん »

2005年4月21日 (木曜日)

再び公共交通

先日、ある会合に出席したら、世間話の一つとして路面電車のことが話題になった。
専門分野の話をすると、ある人から路面電車はヨーロッパ各地でかっこいいのが走っているし、あんないいものなのになぜ日本ではできないのか、という質問をされた。

確かに路面電車はいい。私も好きです(笑)。ヨーロッパの中規模都市に旅行した時など非常に便利である。環境負荷も含めて、存在していればデメリットはほとんどないと言ってよい。あるとしたら、せいぜい事故の可能性くらいか。

でも、日本では金(建設費、維持費)がかかりすぎて新設は困難だ。日本の報道などでは路面電車のメリットは語られても、そうした困難さは軽視されがちなので、なかなか理解されない。こんなによいもので、しかも安くできるのだとしたら、あちこちでできているはずだ。構想や計画があってもなかなか実現しない、という点に、もう少し一般市民の方といえども素直な疑問をもっていただきたい。

といって今のままの自動車中心の交通体系で良い訳でもないので、どうするかきちんと考えなければならないのだ。いろいろな思惑が錯綜するから一筋縄でいかないのだけれど。

|

« 暴力的な報復はいかん | トップページ | 最悪だな、小泉さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/3793134

この記事へのトラックバック一覧です: 再び公共交通:

« 暴力的な報復はいかん | トップページ | 最悪だな、小泉さん »