« 大規模郊外型ショッピングセンターの時代なのか | トップページ | ブログの危機かも »

2005年4月23日 (土曜日)

ゆとり教育そのものが成功したのか?

中山文部科学大臣が、茨城大学付属中でゆとり教育のお詫びを中学生にしたと思ったら、その直後(最初に勅語と変換されたよ(^_^;))に今度は学力テストの結果がよかった、との報道だ。

当然、ゆとり教育の成果で生徒のやる気を出した現場の努力の結果だ、という評価と、塾に通わせるなど国民の自助努力の結果だ、という評価に二分している。

自分自身の中学生くらいの時の経験と、自分の子供やそのまわりの子供達を見ていると、ゆとり教育の成果でテストの結果がよかった、などとは思えない。どうしても、というなら、単純な平均点の比較ではなく、塾通いした子とそうでない子を別々に集計して比較する、といったことをすればよいだろう。

毎日新聞の記事も、記事の最後の方にとってつけたようではあるが、学年や科目によっては記述式の問題の結果はよくない、という記述があるし、OECDのテストなどの国際比較でもよい結果は出ていない。

ゆとり教育や総合学習の時間が、自ら考える子供を育てる、という目的であれば、これらの結果はこの目的が達成されていないことを示すものだといえるだろう。

自分自身が一次情報に当たって分析した訳ではないので、偉そうには言えないが、表面的な平均の比較だけでセンセーショナルに報道することや、一喜一憂する文部科学省の単純頭だけは批判しても許されるだろう。

|

« 大規模郊外型ショッピングセンターの時代なのか | トップページ | ブログの危機かも »

コメント

わざわざコメント頂き、ありがとうございます。
塾通いする子供が増えていますね。本当にゆとりの成果なのか、判断できません。
それよりも調査のたびに、ころころ方針を変える文科省のほうが問題だと思います。長期的な計画を持って、一貫した姿勢を貫いてほしいですね。

投稿: ko-bar-ber | 2005年4月23日 (土曜日) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/3821164

この記事へのトラックバック一覧です: ゆとり教育そのものが成功したのか?:

» 北海道はどこですか 学力調査 [=社説は語る=]
『朝日新聞(05/04/23)』 学力調査 「考える力」が心配だ  調査結果では、前回と同じ問題で比べた場合、正答率が上がったか同程度のものが8割以上を占めた。都市部と町村部での差もほとんどなかった。  同時におこなった学習意欲を問うアンケートでも、「勉強が好きだ」「授業がわかる」という回答が増えた。  全体では前回より上向きの傾向が見られるとはいえ、前々回と比べると、小学校の算数、中学校の数学と社会はなお下回っている。  また、前回より悪くなった分野がかなりあることも気がかりだ。問... [続きを読む]

受信: 2005年4月23日 (土曜日) 17時49分

» ゆとり教育II [時事を考える]
学力テストが好成績のようですがもう少し中身を見た方がいいと思います、「親たちは学 [続きを読む]

受信: 2005年4月23日 (土曜日) 18時34分

» 小中学生の学力は上がった?下がった? [あれは,あれで良いのかな?]
小中学生を対象にした全国学力テストにおいて,平均点が軒並み向上したという報道がありました。 この結果について,様々な評価がされています。しかし,その評価の矛先は「ゆとり教育の是非」でした。 もっと,全体を見てください。 どうも,最近の傾向として,「ゆ.... [続きを読む]

受信: 2005年4月24日 (日曜日) 02時19分

« 大規模郊外型ショッピングセンターの時代なのか | トップページ | ブログの危機かも »