« 爆笑、ネットと放送の融合 | トップページ | 脱線事故(続きその9) »

2005年4月30日 (土曜日)

6月8日のW杯予選・北朝鮮戦のFIFA裁定

3月30日の平壌でのイーラーン(イラン)戦の暴動により、無観客試合・第3国開催、ということで裁定が降りた。イーラーンの選手のインタビューをテレビニュースで見たが、彼らは本当に生命の危機を感じたらしい。

無観客試合は、ある程度予想されたことだが、第3国開催まではないだろうと思っていた。結局、北朝鮮への応援ツァーはなくなってしまったわけだ。

どこで開催されるのだろうか。新聞などでは東南アジアあたりではないかと報道している。だとすると、マレーシア、シンガポール、タイあたりか。昨年のアジアカップや最近の反日暴動の問題があるから、いくらなんでもシナということはないだろう。
6月3日にアウェーのバフライン戦がマナーマで開催されるので、そこからの移動の問題もあるし、気候の問題もある。どこで開催されるかによって、移動や調整のスケジュールに影響されるだろう。タイなどは親日国だし、暑いだろうけれど比較的やりやすいかもしれない。暑さを言うなら、どうせバフラインも暑いだろうし。

まあ、いずれにしても、「眼下の敵」であるバフラインをアウェーで叩けば、彼我の勝ち点の差が5となるから、ドイツに向けてかなり前進する。雑音に惑わされずに、6月3日に勝利することが重要だ。

北朝鮮が異議申し立て、そしてFIFAが却下、北朝鮮残り試合を棄権、などとなったら、各国ともそれまでの北朝鮮との試合がなかったことになるそうだ。そうすると、

イーラーン 勝ち点4 ○(対日本) △(対バフライン)
日本    勝ち点3 ○(対バフライン) ●(対イーラーン)
バフライン 勝ち点1 △(対イーラーン) ●(対日本)

となって、結局現状と順位は同じことになる。3か国とも北朝鮮に勝っているからね。

いずれにしても、各国とも3位以内が確定するので、最悪でもA組3位とのアジア5位決定プレーオフに出場する権利は残ることになる。だが、今後の自国のサッカーの発展のためにも、北朝鮮には棄権などせず、残り3試合を堂々と戦って欲しいものだ。B組3位の可能性だってあるのだから。

|

« 爆笑、ネットと放送の融合 | トップページ | 脱線事故(続きその9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/3918839

この記事へのトラックバック一覧です: 6月8日のW杯予選・北朝鮮戦のFIFA裁定:

» 北朝鮮戦の開催地 [時事を考える]
どうなる北朝鮮の処分 29日にFIFA規律委とのこと、どうなりますか。。。ある意 [続きを読む]

受信: 2005年4月30日 (土曜日) 16時53分

» アジアカップ [アジアカップについて]
アジアカップ''本稿では男子サッカーのアジアカップについて記述します。野球についてはアジアシリーズ_(プロ野球)、卓球についてはアジアカップ_(卓球)を参照してください。''----アジアカップ(Asian Cup) は、アジアサッカー連盟(AFC) が主催する、アジアのナショナル... [続きを読む]

受信: 2005年5月 8日 (日曜日) 20時52分

« 爆笑、ネットと放送の融合 | トップページ | 脱線事故(続きその9) »