« 正直に告白します | トップページ | 医者の広告看板 »

2005年2月21日 (月曜日)

天の邪鬼なもので(マータイさん来日に思う)

地球規模の「環境ファシズム」に違和感を覚えます。
といっても、別に環境が悪化していいなどとはこれっぽちも思いません。マータイさん自身の人格や業績を否定するつもりもありません。ただ、警鐘だ、警告だ、自然の復讐だなどといった恐怖を煽る風潮はどうかと思います。こういうのも科学に弱いマスコミの人達が煽っているのが大きな原因の1つです。

今回のマータイさんの来日イベントにしても、京都議定書発効にしても、1つ間違うとカルト集団の騒ぎです。まあノーベル平和賞が胡散臭い賞の1つだ、ということもあります。「地球温暖化の原因となる二酸化炭素」というマスコミの常套句も私は嫌いです。二酸化炭素派は温室効果ガスだけれど、地球温暖化の原因と特定されたわけではないからです。ただし、省資源、省エネルギーという観点から、石油消費を抑制することそのものには賛成です。

「もったいない」という言葉で言えば、身に余る、という意味もあるわけでして、もったいないお言葉、などという使い方があります。これは日本人の感覚でないとなかなかわからない文化の1つでしょうね。

それをさしおいて、たんに「無駄はいけない」という意味だけが「国際語」として流通するのには抵抗感もあります。みんなはしゃぎすぎ。第一こんなのが本来の日本語のニュアンスと違って定着してしまったら、日本は何かにつけ、些細なことでも無駄遣いしている、って国際的に叩かれまっせ。ともかく冷静に、そしてまずは日本の国益から考えましょう。

ただし、日本語が1つでも多く国際語になるのは歓迎すべきことです。津波などはその典型です。

(同じ文面を理系白書ブログ - http://spaces.msn.com/members/rikei/ - 2月20日の「日本も悪くない」にコメントしてます。トラックバックしようと思ったのですが、URLが不明なので重複してます)

|

« 正直に告白します | トップページ | 医者の広告看板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/3016925

この記事へのトラックバック一覧です: 天の邪鬼なもので(マータイさん来日に思う):

« 正直に告白します | トップページ | 医者の広告看板 »