« 読者の投書欄にまでとんでも記事が | トップページ | ハードディスクがクラッシュ »

2005年2月24日 (木曜日)

電車内の携帯電話のマナー

山手線に乗っていたら、それなりに身ぎれいにしている50代とおぼしきご婦人が、そこそこの時間、携帯電話でお話をしていた。実印がどうのこうのと聞こえたので、たぶん重要なお話。急ぎでなければ降りて話せばいいのに。

最近は、「マナーモード(英語ではSilent mode)にして通話はご遠慮ください。優先席付近では電源をお切りください」というのが鉄道会社の標準である。

電磁波の心臓ペースメーカーに与える影響は、実験によると実は6cmよりも遠ざければ問題なし、ということなので、あまり意味がないと思う。「付近」という曖昧な言葉も問題。それよりも、時々どう見ても優先席で席を譲られる年齢とおぼしきご老人が、優先席で携帯で通話していたりもするので、もうどうでもええ。

問題は、通話はご遠慮ください、の方である。
ご遠慮ください、というのを、禁止ではなく、周りに気を遣え、という風に解釈している向きもあるらしいので、明確に通話は禁止です、と車内放送はして欲しい。それでも通話する奴はなくならないだろうが。

同じ依存症に陥るものとはいえ、さすがに禁煙の車内で喫煙するのは、ほぼ皆無である。時々お馬鹿が吸っているのを見るが。これが高校生だったりする。おまえは早死にするぞ。

で、携帯である。本人はマナーを守っているつもりらしい行動パターンがある。

一つは、口元を手で押さえて小声で話すという行動である。しかしである。隣で小声でひそひそやられたら、鬱陶しい。小声ならいいというものではないのだ。

それから、すいている車内などで、座っていて携帯が鳴ると、席を立ってドア付近で話すの。これ、30~50代の男性サラリーマンにいる。ええと、レストランや会議室じゃないのよ。立って場所を移動しても、移動先も通話はご遠慮ください、の車内であることには変わりないの。

そして、これもよくあるのは、小声で「今電車の中だから、降りたらかける」というの。すでに通話してるっつうの。降りたらかける、というくらいだったら、電話にでないか保留にするかして、下車後に改めて電話をすればいいだけのこと。メールが使えるならメールをしなさいって。車内のメールまでは禁止してませんよ。

電車内の携帯電話が迷惑がられるのは、決して声が大きいからではないと思う。もちろん大声は大いに迷惑なことは言うまでもないけど。化粧や飲食(特急など長距離列車はこの限りでない)もそうだが、電話も含めてこれらは本来私的な空間で行われるべきものである。電車の中は公共の空間だから、迷惑な訳で、声の大小などは本質ではない。

おっさんがステテコ一丁で電車に乗り込んでくるようなものなのである。きれいな姉ちゃんが下着姿で乗ってきてくれたら嬉しいけど(笑)。あっ、セクハラなんて言わんといてね。電車の中でファッションショーをしていると思えばいい訳で。痴漢も少なくなると思うんだけどなあ。

最後は脱線してすみません。でも、電車は脱線せんといてね。

|

« 読者の投書欄にまでとんでも記事が | トップページ | ハードディスクがクラッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/3054839

この記事へのトラックバック一覧です: 電車内の携帯電話のマナー:

» 電波妨害 うざい携帯をなんとかする [ポンポコ山市場]
これはすごいです。 携帯電話の電波を妨害します。 これを使うと携帯電話が圏外になっちゃいます。 docomo, au, vodafoneに対応してます。 画像をクリック 7,980円(税込) 携帯電話にむかついたときはとりあえず使ってみてください。 嫌いな人から電話が..... [続きを読む]

受信: 2005年9月27日 (火曜日) 22時47分

« 読者の投書欄にまでとんでも記事が | トップページ | ハードディスクがクラッシュ »