« ユーシェンコ?ユシチェンコ? | トップページ | 年の瀬の逮捕劇 »

2004年12月28日 (火曜日)

自然の巨大な力

スマトラ沖の巨大地震による被害者数は留まるところを知らない。
これから増えるであろう犠牲者も含めて、亡くなった方の冥福をお祈りする。
一人でも犠牲者が少ないことを祈るばかりである。

全くもって地球が牙をむいた時の人間の無力さを感じさせる。
母なる地球、宇宙船地球号などという情緒的な言葉で表されるのとは対照的なわが大地である。
これも地球の一面なのだ。

チリ沖の地震による津波で日本でも死者が出たことを考えれば不思議でもなんでもないのだが、アフリカ東部でも死者が出て、震源地から約9000kmも離れている南極昭和基地でも最高73cmの津波が観測されたというのだから、恐ろしいほど巨大なエネルギーである。

今回の被災国の大半は発展途上国であり、高潮に備えた堤防などが設置されていないところもあるというし、津波警報も迅速には発せられなかったのだろう。そういう意味では人災の側面もあると思う。あらゆる海岸に防潮堤を完備するのは不可能だろうから、観測態勢と情報網の整備、そして避難ルートや避難所の確保などの対策が必要だろう。

脱線してしまうかもしれないが、我が国の領海を侵犯して平気な某隣国に対するODAを即刻中止して、今回の被災国の復興に資金を回した方がよほどましだろう。特に観光への依存度の高い小国のモルディブやセイシェルあたりは、いわゆる地球温暖化による海水面上昇への対策も含めて、ハードソフト両面での復興に対する援助をすべきではないか。

隣国の主権侵害と捏造体質については日を改めて書くことにする。

|

« ユーシェンコ?ユシチェンコ? | トップページ | 年の瀬の逮捕劇 »

コメント

トラックバックありがとうございました。

今回の地震は本当に地球の持つ力の大きさを思い知らされましたね。

現在、安否不明となっている方々が無事でいること、そして各国の復興を願ってやみません。

投稿: YUMIZO | 2004年12月28日 (火曜日) 11時20分

自分のブログ用に書いたものだが、プロバイダーが昨夜から丸一日以上システムダウンがまだ続いている。とりあえずこちらにコメント。回復したら同じものを自分のに載せるますので、ご了承を。

スマトラ沖大地震、マグニチュード9.0、阪神大震災の1400倍のエネルギーだそうだ。死者2万人を越し、被災者推定数十万人とも伝えられている。被災された方にはお見舞いと亡くなられた方にはご冥福を祈る。1国のみならず、大津波でインド洋沿岸の10カ国以上にも被害をもたらしたのは、地球規模の大きな自然災害といえる。

普段は地震の経験が少ない被災国にあって、津波警報や防波堤などの予防・対策体制の不備がマスコミでは指摘されるが、それを責めるのは酷という物だろう。

被災国の多くは発展途上国、おまけに漁業などで海岸沿いに家を建てくらしている住民たちも多かったのだろう。こういう時にこそ、日本の援助をどーっとつぎ込み、アジア地域への貢献をしてもらいものである。緊急援助を数千万ほど決定したと新聞では聞くが、2桁くらい違うのではなかろうか? 米国の意をくんだイラク戦争復興とは大違いである。 ODA予算も減らされてきているが、社会経済発展向けと同時に、日本の先進的な地震科学技術や予防対策などの技術移転はどの程度なされているのだろうか。。。

今回の地震は、広範な国際社会に被害をもたらした点で、改めて自然の脅威の恐ろしさと、非力な人間社会の弱点をさらけ出した。部族闘争や宗教対立などで国家というコップの中の権力闘争に明け暮れていても、地球の怒りには皆、無力である。突如降りかかってきたスマトラ沖地震のみならず、じわりじわり不気味な足音を忍ばせてやってくる地球温暖化も、自然の脅威(人為的結果だが)をよくよく考えて国際協力で対応しないと、ひどいしっぺ返しを被りかねない。アメリカさん、早う、批准しなされ。

我が家もこのまえの新潟地震後、地震保険に加入したばかり。。。火災保険より何倍もするな。。。。

投稿: スーパーTS | 2004年12月28日 (火曜日) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/2394709

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の巨大な力:

« ユーシェンコ?ユシチェンコ? | トップページ | 年の瀬の逮捕劇 »