« 続・ユシチェンコ事件 | トップページ | ユーシェンコ?ユシチェンコ? »

2004年12月23日 (木曜日)

これは思想統制ではないか。

埼玉県の教育委員に高橋史朗・明星大学教授が選任されたことに批判があるという報道がなされている。批判している連中の考え方や属性はだいたい見当がつく。
まずは上田知事の英断を評価しておこう。

高橋氏が「新しい歴史教科書をつくる会」のメンパー(副会長)だったことが批判の理由のようだが、言論・思想・学問の自由が憲法で保障されている日本で、一体なにが問題なのか。

批判している連中の多くは、その憲法を頑なに守ろうとしているはずである。
要するに左翼ね。彼らはダブルスタンダードである。自分たちに都合のいい時は憲法を守れといい、自分たちに反対する考え方に対しては、その憲法が保障している自由を奪おうとする。

思想的には、東京都教員委員の米長邦雄・元将棋名人が近いと思われるが、東京都の教育になにか不都合があるかといえば、特に何もない。

いや、東京都の公立学校に関しては、教師の質に大いに問題がある。これは自分の子供を通わせているから断定してもよい。そういう状況を改善しようと、米長氏は非常に努力されているとお見受けする。選任した石原知事も慧眼である。

しかし、その米長氏が、天皇陛下の前で日の丸問題に言及した折、陛下が「強制は好ましくない」という趣旨の発言をされたのを、鬼の首でも取ったように記事にした左翼的なマスコミがあった。今回高橋氏の就任を批判しているのも似たような立場や考え方の連中だろうことは疑いない。

未だにマルクス・レーニン主義から脱却できず、北朝鮮に対して及び腰のような連中の方がよほど問題である。日本のマスコミは左翼的な立場が多いので、自分たちに近い立場の人間が、例えば教育委員に就任しても、批判的な記事は書かない。

だが、教育を荒廃させてきたのは、いったいどちらの立場なのか。
常識的に考えれば答えは明らかなはずである。

|

« 続・ユシチェンコ事件 | トップページ | ユーシェンコ?ユシチェンコ? »

コメント

教育委員会は具体的にどういう活動をしているのかと思い、HPを調べてみると埼玉県教育委員会の議事録では、先生の異動の人事案件と懲戒処分が多かったですね。 埼玉にあるわが市では、落ちこぼれ、不登校など学校の問題の最低線を扱うことが多いと聞きました。

お飾り名誉職の教育委員より、一家言を持つ人がなったほうが教育行政自体にも刺激ななるのでは。。

ところで、昨日の神楽坂忘年会は、よかったですよ、場所柄。M・N君が天上がりして、博覧会の民間事務局から財団に移っていました。COP10に行ってた君は時差ぼけで飲む前から酔ってる状態。。。

投稿: スーパーTS | 2004年12月23日 (木曜日) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/2345511

この記事へのトラックバック一覧です: これは思想統制ではないか。:

» タイトル付けんの忘れてたよ [je gem je gem]
昨日、刑事の人が聞き込みにきた話を書いたら、今日のあちょこの溜息でおまわりさんが [続きを読む]

受信: 2004年12月23日 (木曜日) 01時56分

« 続・ユシチェンコ事件 | トップページ | ユーシェンコ?ユシチェンコ? »