« マスコミという名のマス「ゴミ」が撒き散らすおかしな言葉 | トップページ | 気になる言葉遣いはたくさんあるが »

2004年11月26日 (金曜日)

やはり楽天はスポーツビジネスに不向きみたい

楽天がプロ野球参入を認められた時に、同じく楽天の経営するサッカーヴィッセル神戸のイルハン・マンスズのことを書いて、ネット通販はともかく、スポーツビジネスには向いてないのでは、と書いた。

それを証明するようなことが起きた。新監督問題である。
昨日まで、前日本代表監督のフィリップ・トゥルシエ氏の就任が確定したような報道がなされたが、今日になって一転、氏はフランスのマルセイユの監督に就任することが有力で、神戸には断りの連絡を入れてきた、というニュースが飛び込んできた。

うーん、そもそも彼が日本のクラブチームの指導者に向いているかどうか(性格や行動を考えると)、疑問な点もあるし、まあ仮に向いているとしても、今回のような事態を招いたのは、やはり神戸の責任だろう。外国人選手やスタッフを招聘する時の基本的なマネジメントが出来ていないのだろうな。

本当に三木谷氏がベンチャースピリットにあふれた人物なら、トゥルシエというある意味確立された海外ブランドを指向するのではなく、圧倒的に不足している有能な日本人監督を育成して欲しいものである。

|

« マスコミという名のマス「ゴミ」が撒き散らすおかしな言葉 | トップページ | 気になる言葉遣いはたくさんあるが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/2078111

この記事へのトラックバック一覧です: やはり楽天はスポーツビジネスに不向きみたい:

« マスコミという名のマス「ゴミ」が撒き散らすおかしな言葉 | トップページ | 気になる言葉遣いはたくさんあるが »