« ハーンとハン | トップページ | Road to Germany 2006 »

2004年10月10日 (日曜日)

台風

台風22号が関東南部を直撃したが、我が家の周りでは大きな被害はなかったようだ。
ようだ、というのは、こんな天気だから一日中外に出なかったのだ。

それでも、いつも災害に弱い埼京線は、池袋と板橋の間で線路が冠水してストップしていた。
最強の台風で止まった埼京線ねえ。

止まったのはこれだけじゃないので、あいかわらず首都圏の鉄道の雨に対する弱さが露呈されている。
四谷で崖崩れがあって、中央線の快速が止まったが、都心で崖崩れなんて、と思う人も少なくないだろう。
しかし、東京の都心というのは意外とでこぼこした地形で、坂も多く(富士見坂や潮見坂など坂がたくさんある)、我が家の近くにも武蔵野台地の縁辺部となる崖がある。江戸時代は中山道の難所だった。そういうわけで、崖崩れなど起こっても実は不思議ではない。

雨の多さに地下鉄の入り口の階段のところに、止水版が使われたのも久々だ。
東海道新幹線や中央線の快速電車に閉じこめられた人たちはお疲れさんでした。

それにしても、慶事や法事などやむを得ない場合はともかくとして、よく外出するよなあ。

これで台風の上陸が9個目とシーズン記録を更新中。記録を更新したのはイチローばかりではない。
でも、これをすぐに地球温暖化の影響と即断するのはやめよう。しかもその温暖化(しているとして、そ)の原因だって二酸化炭素だけとは限らないのだ。

別に資源やエネルギーの無駄遣いがいいとは言わないが、ヒステリックな新興宗教「地球環境教」に与するつもりもない。

|

« ハーンとハン | トップページ | Road to Germany 2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/1639185

この記事へのトラックバック一覧です: 台風:

« ハーンとハン | トップページ | Road to Germany 2006 »